11月の出来事

今日で11月も終わり。
明日から12月とは決して思えないような暖かい1日だった。

河川敷の猫たちは、日向ぼっこでまどろんでいる。
11月の出来事8

右端の子は今年の夏生まれた子猫。
しばらく前に「きょうだい」というタイトルで写真を載せた子猫のかたわれ。

兄弟の子は1ヶ月ほど前に亡くなってしまった。
10月末にあったとき、風邪を引いていて、随分痩せていて・・・。
11月の出来事5
左端がその兄弟猫。人懐こくごろごろしてアピールしていたね。
もう1回り小さな子猫たちも風邪を引いて苦しそうだった。

1週間後河川敷を訪ねたら、亡くなってしまったと。
お墓を作ったと聞いた。

その次の週訪ねたとき、小さな子猫たちの風邪の具合がさらに悪くなって・・。
あまりにかわいそうだったので、飼い主さんは留守だったけど病院に連れて行った。
抗生薬と目薬を貰って、サンプルのフードもサービスして貰った。
小さい茶トラの子が600g、大きなキジトラの子が800g。
たぶん生後3ヶ月にはなろうかというのに小さく痩せていて、特に小さな子は
難しいかもと言われた。
飼い主のホームレスさんに薬の与え方を説明して、後は任せて帰った。

その次の週にホームレスさんに聞いたら、やはり小さい子のほうが亡くなったそう。
薬を飲んでその後は目やにで塞がっていた目もパッチリ開いて、ご飯も食べてたらしい。
毎回シリンジで薬を与え、ミルクも同じようにして与え、、、
でも元気なれなかった。
サンプルで貰ったご飯と、うちが持っていったフードと一緒にお墓に埋めたそうだ。

そして

その後2週間はみんな元気と聞いていたのに

今日行ったら、もう1匹のキジトラの子猫が2~3日前にいなくなってしまったそう。
急に体調が悪くなり、夜中の3時ごろに鳴いて外に出て行ったきり帰ってきていない。
子猫なので、もうきっと亡くなってしまっただろうと。

野生のトラやライオンの子供の生存確率は20%程度と、以前アドベンチャーワールドで
聞いたことがある。
でもここの子猫の生存率はそれ以下のような気がする。
ホームレスさんは猫たちの命を粗末にしているわけではないと思う。
でもなかなか子猫は育たない。そのことについて思うことはまた今度書こうと思う。

亡くなった子猫たち。短い一生だったけど、ここに暮らす猫たちにも愛されて生きてた。

お母さんの傍で
11月の出来事3
おばちゃんがグルーミングしてくれたり、
11月の出来事
もう一人のおばちゃん、何かの菌で自分も具合が悪そうだけど優しいね。
11月の出来事2
おじちゃん、と言っても1才違いくらいかな?もしかしたらおとうさん?
お腹はあったかいね。
11月の出来事4
こっちがお父さんかな?じゃれてるところだったかな?
11月の出来事6


今ここに残っている仔猫は1匹だけ、ちょっと痩せていて心配だけど大人猫と一緒に
河川敷での日々を生きている。
11月の出来事9

ここの子達はみんな穏やかで仲がいい。この後の寒さも身を寄せ合って乗り切ろうね。
11月の出来事7

今日の話の中で、、

ホームレスさんが最近猫のご飯にハエが飛んできてたかって困るというので、
ガムテープか何かでハエ取りを作ってみたらとか話していたら、

私たちが獲られそう・・・と笑ったあとで、

生き物を獲るなんて考えられないと、そう言った。



  ☆☆里親会のお知らせ☆☆

   1320928113c0puaSgI.gif

河川敷から保護したきなこも出席します!ぜひ会いに来てください!!
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://kasenjikinohibi.blog32.fc2.com/tb.php/155-19913557

Comment

太っちょの母

ホームレスの方達ってどうしてこんなにも純朴で優しい心を
持っているのでしょうか?生きとし生けるもの。
本当に殺生はしたくないです。
こうして必死で生きているお外猫さん達。
これからは益々厳しい冬が待ち受けています。
本当に生きるって不条理ですね。こうしてメールを書きながら
涙が溢れて止まりません。生まれて来る場所も、時代も、国も
自らは選べない。
本当に素敵な写真です。猫達の本来のあるべき姿です。:)

人間達の身勝手でこんなにも沢山の
お外猫を作ってしまった事。本当に申し訳なく思っています。
自由であるこの仔達も短い命ながらも、生まれて来て幸せだったと
思いたいです。大切な命ですもの。

与えられた命、自分の中で精一杯生きなきゃこの仔達に失礼であると
心からそう思います。


リンク貼らせて頂いていいですか?
応援しています。:)
  • URL
  • 2011/12/03 09:44

ちょこ

太っちょの母様

コメントありがとうございます。
ホームレスさんのハエを獲るなんて・・・には正直ドキッとしました。
彼らもぎりぎりで生活していて、自らの命に当然不安も抱き
そんな生活を送る中で、命を愛おしいと思うようになったのでしょうね。

ここの子達はみんな人懐こくて優しい子が多いです。
十分なご飯があるわけではないですが、愛されて生きているからだですね。

リンクありがとうございます。
更新がいい加減ですが、また見に来てくださいね。
  • URL
  • 2011/12/05 22:40

nekosippo

河川敷で生きる子も家で大事にされてる猫も、みんな同じ猫なのに・・・
もっと言えば野良だって。
生まれた場所によって人間だって生きることさえままならないことを思うと、
猫なら仕方のないことなのでしょうか。
それでもこの現実は悲しすぎますね(;_:)
ずっと気にかけて河川敷に足を運んでいるちょこさん、偉いなぁ。

しばらくご無沙汰してしまいましたが、あちらも見てきました。
きなこちゃんのサンタさん姿、とてもかわいかったです。
トライアルが決まればいいですね!
  • URL
  • 2011/12/06 15:41
  • Edit

ちょこ

nekosippoさん、ありがとうございます。
ほんとはこういう子猫を生み出さないようにするのが
いいのかもしれません。
ホームレスさんには少し話していますが・・・。
命に関わることをするのに、彼らは抵抗があるかも。

見守ることしかできませんが、彼らの生きる姿を
追っていきたいと思います。

きなこ、またしても残念でした・・。
これからも里親さん探します。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ちょこ

Author:ちょこ
大阪市内在住
2007年春から通っていた
河川敷小屋の猫たちは、
2009年末までにそれぞれ
新居を見つけ、あるいは
新天地に旅立った。
2011年3月、河川敷で
テントに取り残された
猫と出会い、その後
飼い主は戻ってきたが・・




我が家の猫「ちょころぐ」
よろしく。

河川敷テントの猫達

1.てっちゃん(本名てつみ)  人懐こく賢い猫。ここのリーダー。  2014年6月から行方不明。 プロ9 2.しーちゃん(本名しか)  人懐こい。皮膚病になってから  目つきがちょっときつくなった。  2014年6月、てっちゃんと同時期に  行方不明。 プロ10 3.「ず」(本名 多分みーちゃん)  しーちゃんとは姉妹。人懐こい。 プロ7 4.ちゃっくん(本名 なし?)  4歳くらい。目の調子が悪い。  大人しい男の子。 プロ11 5.ちゃっしー(本名 赤白?)  去勢手術まではここのボスだった。  フレンドリー。 プロ8 6.たいちゃん  テントから離れて暮す、気の強い  下記の仔猫たちのお母さん プロ6 7.たいちゃんの子供 A子。  2012年秋生まれ。我が家で保護中。 プロ 8.たいちゃんの子供 B君。  甘えん坊の男の子。手術以来  ちょっと距離が出来た。 B君 9.たいちゃんの子供 C君  2014年3月から見なくなった。  超フレンドリーで背中乗り猫。 プロ1 10.たいちゃんの子供 D君。  わるいのが来てからテントから  離れて暮している様子。 D君 11.たいちゃんの子供 E君。  15年2月15日頃永眠。享年2歳少し E君 12.きなこママ(本名 不明)  11年夏我が家で保護した仔猫の母  テントとは離れて暮らしているが  最近はやってくる。 プロ13 13.「ず」の姉妹   滅多に姿を見せなかったが最近来る  触れない。 プロ12 14.クロちゃん(本名 ?)  今年の夏、お星様に。 プロ14 15.きなこ  2011年夏保護した仔猫。里子に。 プロ15 16.おちびちび   多分「ず」姉妹の子供。A~Eより少し  ちびっこだったのでこの名前。 おちびちび 17.ちゃと  「ず」の妹の子供。おちびちびの弟で  きじのおちびとは兄弟。 ちゃと 18.きじのおちび  ちゃとの兄弟。小柄で臆病。  最近姿を見せなくなった。 きじのおちび 19.ぼくりん  たいちゃんの2013年春の仔猫。  ちょっと警戒気味。2015年4月永眠。 ぼくりん 20.わるいの  2014年春ここに流れてきた。  騒動の元。 わるいの 21.白黒おちび  たいちゃんの2014年春の子供。  1匹残っていたが、秋から行方不明。 しろくーろ 22.たいちゃんのおちび  たいちゃんの2014年秋の子供。  父親はわるいの? たいちゃんおちび

里親募集中

お問合せはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

ブログ内検索

リスト